s_waretume爪のひび割がいよいよ重篤化してきたので、シルクシートを使って補修してみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

セルフネイルライフを楽しんでいますか?

私は最近ジェリーネイルをお休みしています(TnT)
無念…。。

爪が割れてしまったのを期に、数日何も着けない
素爪でいたら、見事に爪が割れたりヒビが入ってしまい、
その後ジェルができず、更に悪化…という状況です。
まったくもっての悪循環ですね^^;

爪にヒビが入った段階でネイルエンヴィでの自爪育成に
切り替えていますが、冬の乾燥とジェルをしていないことで、
補修をしないと厳しい段階にまで来てしまいました><

…あぁ…はじめのあの時にジェルしておけばよかった。。。
でもヒビ爪でジェルを塗るテンションにならなかったのだもの。。

今回全ての爪が、割れたりヒビだったりと、何らかの問題を
抱えてしまっているので、補修に乗り出しました。

ただ、10本の指全てなので、応急処置的に使っていた
不織布では追いつかないと思い、シルクシートで
補修することにしました。


今回使ったのはこちら。
Nailyasan~ネイル&キラキラ小物のねいる屋さん
dressyのタイムセールで購入しました。

IMG_3551

今回の補修で使用したのは
 シルクシート
 ネイルグルー
 細いハサミ
 ピンセット
 ネイルエンヴィ(ピンクトゥエンヴィ)
です。
(道具一式の写真を撮り忘れました><)

それではいってみましょう。
リムーバー直後でカサカサの指先で失礼します><

IMG_3550
何もしていない状態です。
爪の先に細かなヒビが(TnT)

IMG_3555
まず最初に、ヒビ割れ部分をネイルグルーで補修します。
これまで使っていたダイソーのネイルグルーが最近どこの
お店に行っても置いていなくて(回収対象だったのかしら?)
同じくダイソーの瞬間接着剤ドロップタイプで代用しています。
(見た目がネイルグルーとほぼ同じだったので使ってみました)

不織布の時のように、ネイルグルーでシルクシートを
貼り付けようとしたところ、シートが反って浮いてしまい、
うまくくっつけられませんでした。
グルーやシルクの種類にもよるのかもしれません。

IMG_3549
右手人差し指です。
爪の先中央のヒビの部分には接着剤をつけて乾かしてあります。

IMG_3557
シルクシートを台紙ごと切ってシルクを爪に乗せました。
ハサミが切れないと写真のように繊維がほつれてしまいます。
人差し指はストレスポイントで折れるケースが多いので、
広めにシートを貼りました。
シール状になっていて、うっすらと粘着力があるので
仮止めしやすかったです。

IMG_3558
シルクを爪に合わせてカットします。

IMG_3559
ネイルエンヴィで貼り付けます。
この時に、通常のようにハケで撫でるように塗って
シートがずれてしまったので、まずはシルク部分のみに、
マニキュアやジェルをぽんぽんと置くようにしてシルクと爪を
密着させるといいです。

写真は一度ずれてしまった後なので、ひとつ前の写真にくらべて
シートの位置がずれています。
結構伸びることも分かりました。

IMG_3560
シルクシートをネイルエンヴィで貼り付けたところ。
(まだ根本には塗っていません)

この後は、爪の根本からネイルエンヴィを二度塗りして完成です。
なんと、痛恨の写真撮り忘れ><
何故か右手の写真は撮ってあったのでそちらをご覧くださいませ。。

IMG_3561
右手はハサミを左手で使わないといけないので
なかなかもどかしかったのですが、慣れてきたので
先に全ての指にシルクを貼りました。

IMG_3562
爪の先だけネイルエンヴィをつけた状態です。

IMG_3564
爪全体にネイルエンヴィを一度塗り

IMG_3565
二度塗りで完成。

予想よりもシルクが目立たず、かなり自然な仕上がりで満足です。
シルクがとても薄いので、横から見ても段差は殆どありません。

トップコートやマニキュアでなく、ジェルでシルクを貼り付ければ
問題なくジェルネイルを楽しめると思いました。

本来ならば私もジェルで貼りたかったのですが、今はネイルエンヴィ
での育成期間なので、今回は見送りました。

補修後の状態は、やはりマニキュア系だとどうしても家事などで
爪の先が剥がれてきてしまい、シルクの繊維が出て来てしまった
所がありました。

もしかしたら、ストッキングにひっかかったりするかもしれません。

でも、私にとっては気になるほどではなかったので、こまめに
ネイルエンヴィを重ねて対処しようと思います。

ジェルだったら硬化させるので、シルクがよりしっかり密着して
この問題は起こらないのでは…と予想しています。

シルクのカットや、爪への密着は慣れるまでは思うように
行かなかったりしますが、爪が折れたり割れたりしやすい
人にとってはとても心強いアイテムなので、使えるように
なっていて損はないと思います。
ポイントは、よく切れるハサミを使うこと! ですかな^^

なんていうか、ぱっと見て爪のヒビが目に入らないと、
こんなに薄い膜なのにとても心強いんですよね。

爪が割れていなくても、割れ爪防止としても使いたいくらいです。

今回のこの方法は、スクールなどで教えてくれる
正しいシルクラップの方法とは異なるかもしれませんが、
素人の自己流でも何とか補修することができたので、
どなたかのご参考になれば幸いです。

【2015/12/24追記】

その後、1度目に貼ったシルクは数日で剥がれてしまいました。。。
やはりネイルエンヴィでは厳しかったか…><

そこで2度目には、シルクシートにトップジェルを垂らし、
本硬化させてみました。

トップジェルはシルクシートの部分のみ、爪の先だけで、
爪の根本からネイルエンヴィを重ねました。
(トップジェルの上にネイルエンヴィを塗っている)

こちらの方が持ちが良く、まもなく1週間ですが
まだ無事です。

途中シルクシートが浮いて来てしまった時には、
ネイルグルーで応急処置しています。

できればシルクシートをカットする時に、爪のサイズより
ほんの気持ち小さく切れればより密着度がアップする
のではないかと思います。

また、マニキュアよりは、ジェルの方が持ちが良いと思います。