s_beaujolais_nouveau11月になり、今年も近づいてきました。
ボジョレーヌーボーの解禁日が♪今年の解禁日は11月20日(木)です。
ボジョレーヌーボーについてちょっと詳しくなって、その味わいに華を添えてみませんか?

 

スポンサードリンク

今年の解禁日は11月20日(木)!!

ボジョレーヌーボーの解禁日は、
11月の第3木曜日と決まっています。

当初は11月15日でしたが、この日が
土日に当たった場合、運搬業者が休みに
なるので、1985年より、11月の第3木曜日
に改定されました。

そもそもなぜ「解禁日」が設けられたかと
いうと、少しでも早く売り出そうと発売日を
早めるうちに、まだ未完成の状態で発売
してしまうという事態が発生し、それを
防止するために一斉に解禁することに
なったということです。

嬉しいことに、日本は時差の関係で、
先進諸国の中で、世界で最も早く
ボジョレーヌーボーが解禁になります。

日本は生産されたボジョレーヌーボーの
およそ4分の1を輸入しています。

毎年前日からカウントダウンして解禁を
祝い、ボジョレーヌーボーを味わう
イベントも催されるほどです。

ボジョレーヌーボーとは?

毎年この時期に耳にするものの、
詳しくはわからない、今更聞けない…
そんな方もいらっしゃるのでは。。

ボジョレーとは、フランスの地名で、
ブルゴーニュ地方のボジョレー地区です。

ヌーボーとは、新しいという意味で、
この場合は「新酒」の意味合いです。

つまり、ボジョレーヌーボーとは、

『フランスブルゴーニュ地方の
ボジョレー地区で作られた新酒』

ということになります。

スポンサードリンク

 

原料については、アペラシオン・ドリジーヌ・
コントロレ(原産地呼称統制:AOC)の定めで、

ボジョレーと名乗れるのは、
赤ワインはガメ(ガメイ)種、白ワインは
シャルドネのみを使用したものになります。

※ピノ・ノワールの補助的使用も認められて
いますが、現在は殆ど使われません。

※ボジョレーヌーボーには白ワインもありますが、
その割合は全体のわずか1%程度です。

もともとは、その年のぶどうの出来栄えを
確認するために作られていたボジョレーヌーボー。

そのため、マセラシオン・カルボニックという
急速発酵技術による特殊製法が用いられます。

試飲用なので、素早く仕上げる必要があった
のですね。バイヤーなどは、この試飲用の
新酒の味で、仕入の量を決めていたそうです。

中にはボジョレーヴィラージュヌーボーというのも
ありますが、これは、簡単に言えば、
『ワンランク上』のボジョレーヌーボーです。

特長とその味わいは?美味しいうちになるべく早く♪

特殊な製法により、ごくごくわずかな
炭酸ガスを含んでいます。

渋みや酸味は殆ど無いといえるほど少なく、
軽やかで優しい口当たりで、ワインに
馴染みがない人でも飲みやすい味わいです。

色は薄めでクリア。
フレッシュな風味や香りが魅力なので、
長期熟成には向きません。

そのため賞味期限も短く、2~3ヶ月以内に、
飲むのがベストで、遅くとも翌年の春まで
には飲むようにしたいものです。

美味しい飲み方:飲み頃温度と合う料理は?

ボジョレーヌーボーは、軽く冷やして
飲むのが美味しいとされています。

それは、渋みの素になるタンニンが
少ないためです。

タンニンは冷えると渋みを強く感じます。

タンニンが多いフルボディタイプの赤ワインを
常温で飲むのは渋みが強調されるのを
防ぐ目的もあります。

冷蔵庫で1時間ほど冷やすと程よい温度に
なりますし、氷を1~2個浮かべるのも
おすすめです。

料理やおつまみは何があう?

ボジョレーヌーボーは、酸味や渋みが
少ない柔らかな口当たりのワインです。

そのため、あう料理も肉・魚・和食・イタリアン
など幅が広いです。

ワインを楽しむためのおつまみなのか、
食事を引き立てるためのワインなのかでも
変わってくると思いますが、

味や香りが強すぎないものの方が相性が
良いようです。

おつまみでしたら、クラッカーやフランスパン
などにチーズやパテ、アボカドのディップなど、
生ハムも合うのではないでしょうか。

チーズはクセがあるものより、カマンベール
などの食べやすいタイプが合います。

料理ならば軽すぎず、重過ぎない前菜的なもの、
サラダや鶏肉、意外にも甘くてほっこりした
カボチャやさつまいもなどとの相性も良いです。

和食でしたら鍋物にも合いますし、イタリアン
ならばパスタなどはいかがでしょうか。

ボジョレーヌーボーに合う料理&おつまみレシピ

そしてベリー系の果物やチョコレートとも
よく合いますので、デザートと一緒にも
楽しめますね。

 折角だから道具にもこだわって…ソムリエナイフでクールに優雅に

ところで、ワインを開ける時、何を使いますか?

私はソムリエナイフを使っています。

こちらがソムリエナイフです。

右側のナイフ状の部分でワインのキャップシール(ホイル)を
切り取り、コルクにスクリューをねじ込み、左側のテコ
部分をボトルのふちにひっかけて栓を抜きます。

rosle12667_r2_c1

ボトルを開けるとき、ラベルを相手に
見えるようにするのもポイントです。

ホイルを切り取ったり、コルクを抜くのは
慣れが必要ですが、上手にできると
とても気持ちがすっきりするんですよね^^

ワインもより一層美味しく感じます。

その他のワインオープナーを使用する
時でも同じなのですが、ワインは横にして
保存し、開栓前にコルクを十分に湿らせて
おくことで、栓が抜けやすくなります。

栓が抜けたら、
ワインに接していた方のコルク栓を
軽く嗅いで(さりげなくですよ。。)、
異臭がしないか確認後、サーブします。

日本のワインも素晴らしいんです!

ワインというとフランスのイメージが
強いかも知れませんが、イタリアや
チリなど、世界各国で素晴らしい
ワインが醸造されています。

そしてそれは日本でも…♪

ぶどうの産地で名高い山梨県には
ワイナリーが多くあります。

醸造メーカーでは、ワインの工場や
貯蔵庫などを見学できるツアーも
開催されています。

その殆どは無料ですし、時期によっては
ぶどうの収穫体験や新酒祭りも
催されています。

そして試飲や飲み比べができる
のも嬉しいところです。

ワインに興味がある、もっと知りたい、
作るところを見てみたい。

そんな方にはとてもおすすめです。

山梨の人気ワイナリーランキング

ワイナリーリスト(山梨・山形・長野・京都・大阪・滋賀)

ワインのことを書いていたら、何だか
無性に呑みたくなってきてしまいました^^;

個人的にはあまりボジョレーヌーボーには
興味がなかったのですが、今年は
買ってみようかな…なんて思っています^^

気付けば随分長くなってしまいましたが、
最後までお付き合いくださりありがとうございました^^