s_shiwe2月22日の関ジャニ仕分け∞は歌うまキッズ達によるカラオケ下克上サバイバルバトルでした。今回も熱戦が繰り広げられました。
対決結果と得点の速報です!

 

スポンサードリンク

放送の概要についてはこちら
ご確認ください^^

対戦カード

下克上カラオケサバイバルバトルは、
1st、2nd、FINALの3ステージで行われ
ました。

キッズ達の対戦相手はこちら
s_shiwake222番組公式ページより引用

それでは、1stステージから
順に結果をお伝えします。

1st STAGE

1回戦 VS つるの剛士

藤井舞乃空(ふじいまのあ)8歳小学3年生
篠原光希(しのはらこうき)12歳小学6年生

つるの剛士
課題曲:さよならの向こう側(つるのver.)

小学生が相手だからといって
手加減はしないと熱唱しました。

感情を込めて抑揚をつけ、サビに
むけて徐々に声量を上げてい、
今回も関ジャニに「おとなげない」と
言われるほど全力で歌いきりました。

得点は 95.324点

VS 藤井舞乃空
課題曲:童神(わらびがみ)~ヤマトグチ~/夏川りみ

大倉はつるのを選択

音程正確率96%を誇る小学3年生。
毎日とお風呂でお母さんと歌の練習をし、
128cmの小柄な身体で96点を目標に
全力をつくして歌います。

「自信がある曲」をチョイスしただけあり、
音程ミスはわずか5回、正確な音程で
加点どんどん重ねていきます。

しかし得点は92.261。。
無念の脱落でした。

仕分け成功

VS 篠原光希
課題曲:Forever Love / X JAPAN

アメリカ人の父と日本人の母のハーフで、
将来の夢は歌手で最終的には
プロデューサーになりたい光希君。

プロ仕様の音楽ソフトを使って自分の
声を分析し、完璧な歌声を目指します。

自分のハイトーンボイスを活かせる
この曲を選択。原曲キーで歌います。

安田は光希君を選択。

透き通った声で音程ミスわずか
1回で歌い上げました。

得点は93.111点 残念ながらこちらも脱落…
仕分け失敗。。

敗因は声量や抑揚ではないかと
つるのさんからのアドバイスが…

個人的な感想としては、つるのさんの方が
場数をこなしているからか、人生経験が長いからか、
心に訴えかけてくる物が大きい気がします。

ふたりとも上手にそつなく歌っているのですが、
機械的というか、心にぐっとくるものがつるの
さんに比べて少ない印象でした。
(あくまで個人的な感想です)

子供2人は上手だけれど、「うまいなぁ」止まり。。
今後の成長が楽しみな二人でした。

スポンサードリンク

 

2回戦 VS 木村弓

吉田凛音(よしだりんね)13歳中学1年生
二木蒼生(にきあおい)12歳小学6年生

アクターズスクールから送られてきた
歌うまキッズ達の挑戦を受けて立つのは
千と千尋の神隠しで主題歌を歌った
木村弓さん。

テレビで動いている所を久しぶりに
見ましたが、やはり年齢不詳です。。

この闘いは言うなれば
ウィスパーボイスVSパワーボイス

普段ほとんどカラオケに行かない
という木村さんもこの闘いのために
カラオケで猛練習して挑みます。

歌うのはやはりこの曲、

木村弓
課題曲:いつでも何度でも/木村弓

いつもはライアーを弾きながら歌うので、
テンポが決まっているカラオケはどうかな…
と思っていましたが、そこも猛練習でカバー
して正確に歌い上げました。

得点は91.624点

音程は正確でしたが、やはりテンポが
ネックとなり、ロングトーンなどで得点を
稼げませんでした。

いつでも何度でもをカラオケで聞くと、
意外とテンポが速いんですよね。

カラオケで歌うと難しいと言われるのも
納得しました。

そしてやっぱり木村さんはカラオケよりも
ライアーが似合うと感じました。

木村さんのプロフィールや持っているあの楽器について

VS 吉田凛音
 課題曲:残酷な天使のテーゼ/高橋洋子

将来の夢はしょこたんのような
歌も演技も出来る人という、
普段は結構不思議ちゃん系?

憧れのしょこたんがカバーしているのと、
家族揃ってエヴァ好きとのことでこの選曲に。

丸山は 吉田を選択

…うまいけど…なんか怖い。。。
それともこれを「力強さ」というのでしょうか。。

得点92.498点 2ndステージ進出!

仕分け成功

VS 二木蒼生
課題曲:空と君のあいだに 綾香ver.

埼玉のアイドルグループ「こけぴよ」の
リードボーカルで、将来の夢はみんなに
夢を届けられるような歌手だそうです。

毎日腹筋100回をこなし、その日に
することをホワイトボードに書いて
しっかり行うようにして日々鍛錬を
重ねてきました。

見れば見るほど小学生には見えない…^^;

May J.が大好きなので、是非勝ち進んで
会いたいと頑張ります。

気持ちがこもるように画面を見ずに
歌うとのこと。。

渋谷は二木を選択

小学生離れした歌唱力と声量で歌い上げ、
得点は…96.489点
高得点で2ndステージに進出!

仕分け成功

抑揚と加点の伸びが高得点に繋がりました。

3回戦 VS 秋元順子

秋元順子 VS ロエル・ランマンギット

世界で活躍できる歌手を目指す14歳、
中学二年生のロエル君が
番組のためだけに来日しました。

対するは秋元順子さん、前回は持ち前の
低音ボイスを活かして95点台を獲得しています。

低音ボイスVS高音ボイス

秋元順子
課題曲:愛のままで… /秋元順子

大雪でカラオケの練習に行けなかったと
正直に告白した秋元さん。

今回も自身の曲でロエル君を迎え撃ち、
音程ミスは目立ったものの、大人の色気と
抑揚で本家の貫禄を見せつけます。

得点はロエル君もびっくりの96.184点
自己ベスト記録を更新しました。

VS ロエルランマンギット
課題曲:I will alwais Love You  / ホイットニーヒューストン

対するロエル君、初の海外、日本を
満喫して挑戦します

横山はロエル君を選択

美しい歌声は秋元さんが勝負を忘れて
拍手を送ってしまうほど…

衝撃の美声に会場の面々も絶句。。

しかし…得点は 91.141点で敗退、
2ndステージ進出ならず。。

仕分け失敗

音程正確率が81%と低かったのが敗因。
ですが、「点数以上の感動」をみんなに
与えてくれました。

とてもきれいな歌声でしたが、地元の
オーディション番組の時のような声量と
迫力がイマイチ感じられなかったのは
私だけでしょうか…

2nd STAGE VS 沢田知可子

二木蒼生
吉田凛音

吉田・二木の対戦相手は沢田知可子さん。

沢田知可子
課題曲:会いたい / 沢田知可子

「負ける訳にはいかない」と
20年以上歌い続けるこの曲で受けて立ちます。

歌い出しの音程ミスが目立ちましたが
その歌声にキッズも思わず涙…
これぞ、「本家の本気」

しかし得点は 91.285点

「カラオケで歌えば歌うほどこんなかんじ」
とご本人もおっしゃっていましたが、
音程正確率の低下、ためて歌ってしまう癖
により得点が伸び悩みました。

歌い慣れた歌の怖さなんだと
沢田さんも頷いていました。

VS 二木蒼生
課題曲:ハナミズキ / 一青窈

スローテンポで加点を狙いやすいこの曲で
どこまで得点を伸ばせるのか…
抑揚とロングトーンで加点を狙います。

大倉は二木を選択。

緊張の中、感情をこめ、抑揚をつけて歌いきった
得点は…97.518点!!

あこがれのMay.Jの97.043点を越えました!!

仕分け成功

VS 吉田凛音
課題曲:366日 / HY

錦戸は吉田を選択

番組では歌っている様子が少し流れた
だけで詳細はカットされていました^^;

得点94.627点でファイナルステージ進出!

仕分け成功

FINAL STAGE VS May J.

現在23連勝中の無敗の歌姫にキッズ達が挑みます。

「プロとして、キッズに負けたくない」

May J.
課題曲:fragile / Every Little Thing

いつものように美しく歌い出しますが…

なんと…!!

息継ぎが難しいこの曲に緊張が加わって
声をつまらせてしまうという2度の大ミス。

本人はとてもとても納得いかない様子ですが
得点は…98.055点!!!!

2度のミスをものともせず、大会新記録を更新!!

音程製確率93%だったものの、リズムや
表現力が全国平均を大きく上回ったため
高得点となりました。

VS 吉田凛音

課題曲:魂のルフラン 高橋洋子

大好きなエヴァでファイナルに臨みます。
安田は吉田を選択

彼女のパワフルな低音をMay J.も賞賛。

パワフルボイスで歌いきった得点は…93.157点

仕分け失敗

VS 二木蒼生
課題曲:宙船 / TOKIO

1st、2ndステージともにバラードだったため、
隠れた気持ちを出し切りたいとアップテンポな
この曲をチョイス。

渋谷はMay J.を選択。

憧れのMay J.を前に緊張する…
でも勝ちたい…!!

緊張しているとは思えない安定感と
力強い歌声にはMay J.も驚くほど。

全てを出して歌いきったその得点は…

92.728点
思ったよりも伸び悩んでしまいました。。

仕分けは成功

May J.は連勝記録を24に伸ばしました。

May J.は「バラードどうしで勝負したかった。」
と、「またの機会」を匂わせました。

蒼生ちゃんの場合は発音・発生が
きちんとしていると思いました。

特に母音(?)

しっかりきっちりとした発声が根本にあるから、
曲のテンポがゆっくりでも速くても心地よく
聴けるのではないでしょうか。

『聴いていて不快な要素がない』

これって、結構重要なことだと思います。

その点で凛音ちゃんは、私にはクセが強かったかな。。
(歌声のパワーが強烈とも言えます)

ファイナルの得点は凛音ちゃんの方が上でしたが、
聴いていて心地良いのは凛音ちゃんの声かな。。
(あとキャラ的にも…)

まぁ、そのあたりは好みの問題でしょう^^;

二木蒼生ちゃん、容姿も歌声も◎!
吉田凛音ちゃん、このキャラで突き進んで♪
女性としての成長も含め、将来が楽しみです^^

カラオケ対決見ると、カラオケに
行きたくなりますよね~♪

そしてあの子達みたいに上手に
歌えると思い込んでカラオケに行って
全然うまく歌えなくてがっかり。。。
というパターンが目に見えておりまして、
毎回カラオケ行きたくなるんだけど、
行っていないのでございます。。

カラオケ対決に関しては、好きという
声が多い反面、飽きたという意見も
増えてきていますね。

人気があるとはいえ、最近カラオケ率
が高い気がするので、他の企画を楽しみ
にしている方にとては不満もあるかも
しれませんね…。

 

歌が上手だからって、所詮子供でしょう?

見る前はそんな風に思っていましたが、
どの子もプロ相手に全力で向かっていく
姿に感銘をうけました。

こころとからだの成長でキッズ達にも
大きな変化が訪れると思いますが、

元気に楽しく大人の階段を登っていって
欲しいものです^^

「歌うまキッズ達のその後」
みたいな企画をしてくれたらいいな…☆
なんて思いました^^