s_smoon最近よく耳にする「スーパームーン」「ブルームーン」について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

7月12日はスーパームーンでしたね。

それにしても…

「スーパームーン」という言葉、昔からありましたっけ?

耳にするようになったのは
この数年のような気がするのですが…

ちょっと調べてみましょう。

スーパームーンとは

kotobank知恵蔵2014の解説によると、
スーパームーンとは

【スーパームーン】
月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象

とのことです。

因みに、2011年のスーパームーンは、地球から
最も遠い位置での満月と比べて、大きさで14%、
明るさでは30%も明るく見えました。

s_hikaku
画像引用元

更に、再接近の前後1時間以内に満月になり、
その上太陽と地球と月が一直線に並んだ状態を、
「エクストリーム・スーパームーン」と呼びます。

エクストリーム・スーパームーンは18年周期で、
直近が2011年だったので、次に見られるのは
2029年と、まだまだ先のことですね。。

スーパームーンの影響と地震などとの関係

スーパームーンとは、実は近代占星術の用語で、
世間に広く知られるようになったのは、近年に
なってのことです。

その中で、スーパームーンの時に
 地震や台風などの大規模な自然災害が起こる
 暴動などの不吉なことが起こる
というような風説があります。

これについては、

 事実の裏付けがない、
 力学的には潮の干満の差がわずかに大きくなる程度

という意見と、

 月や太陽の引力が地震発生に強く関わっている

という意見があります。

スポンサードリンク

 

月が地球に近づくということは、地球に対する
引力の影響が大きくなり、地震や火山噴火の
引き金になったり、台風をもたらすというものです。

…そういわれてみれば、

7月12日に、福島沖を震源に、M6.8の
広範囲な地震がありました…
各地の震度などはこちら

スーパームーンの影響は前後約1周間ほど
続くとのことで、

影響を及ぼす期間が結構長いので
個人的には「たまたまじゃないの?」
と思いたいところですが、

東日本大震災や、スマトラ巨大地震も
実はスーパームーンの時期だったそうです。
参考記事1
参考記事2

また、スーパームーンに限らず、満月の夜には
犯罪が増える という話も広く知られています。

月齢から危険度を予測するカレンダーを
見つけましたので、気になる方はチェック
してみてください☆

月齢カレンダー

 ブルームーン

スーパームーンと並んで耳にするようになった
「ブルームーン」。

ブルームーンとは、

【ブルームーン】
 定義1:春分・夏至・秋分・冬至で区切られた季節の中に4回満月がある場合、その3つ目
 定義2:ひと月に2回満月が合った場合、2度目の満月

です。

現在では2の定義がブルームーンの主流と
なっているといっても過言ではありませんが、
これは、1960年代にアメリカの天文雑誌で
1の定義を誤解した内容が掲載され、それが
現在でもそのまま受け継がれていると言われています。

 【1の定義でのブルームーン】
2013年8月21日
2016年5月21日
2019年2月未定

 【2の定義でのブルームーン】
2015年7月2日・31日
2018年1月2日・31日
2018年3月2日・31日
2020年10月1日・31日

ブルームーンの呼び名の由来としては、
Double moon(2度の満月)が変化した
という説や、極めて稀なこと意味するなど、
いくつかありますが、

大気中のチリやガスにより月が青く見える
現象とは別のものになります。

ブルームーンを見ると幸せになれるという
言い伝えもありますので、是非拝みたいものです。

 おまけ ブラックムーン

ブルームーンの定義にある「満月」を「新月」
に変えると、ブラックムーンの定義になります☆

月の世界って、奥が深いですね。