inoue
日本全国通津浦々…
実にたくさんの苗字がありますが、今回は珍しい苗字をあつめてみました。
あなたはいくつ読めますか?

 

 

スポンサードリンク

それでは早速…(敬称略)




大仏
及位
物袋
薬袋
遠北
蓼丸
色摩
五百蔵
小鳥遊
栗花落
豆腐谷
月見里
御法川
喜屋武
松七五三
四月朔日
八月一日
八月十五日
春夏秋冬
東西南北
熊埜御堂
御菩薩池
道祖瀬戸
今来留守
勘解由小路

正解は↓↓

読み方は?

目 ⇒ さっか・さがん
九 ⇒ いちじく(一文字で九だから)
漁 ⇒ すなどり
大仏 ⇒ おさらぎ
及位 ⇒ のぞき
物袋 ⇒ もって
薬袋 ⇒ みない
遠北 ⇒ あちきた(あっち(遠い)の北?)
蓼丸 ⇒ たでまる ☆綾瀬はるかさんの本名です。
色摩 ⇒ しかも
五百蔵 ⇒ いろおい

スポンサードリンク

小鳥遊 ⇒ たかなし(タカがいないと小鳥が安心して遊べるから)
栗花落 ⇒ つゆり(栗の花が落ちた頃入梅するから)
豆腐谷 ⇒ とらたに
月見里 ⇒ やまなし(山がないと月見がよくできるから)
御法川 ⇒ みのりかわ ☆みのもんたさんの本名です。
                  みのもんたが朝ズバで女子アナにセクハラ?
喜屋武 ⇒ きゃん(沖縄の姓。パソコンで変換すると意外と出る)
松七五三 ⇒ まつしめ(しめ縄の「しめ」も七五三)
四月朔日 ⇒ わたぬき(旧暦四月一日あわせの着物から綿を抜いたことから)
八月一日 ⇒ ほづみ・はっさく・やぶみ(旧暦八月一日に稲の穂先を摘んだ事から)
八月十五日 ⇒ なかあき(中秋:旧暦八月十五日を秋の真ん中としていた事から)
                     中秋(ちゅうしゅう)の名月とは?由来やお供え物について
春夏秋冬 ⇒ ひととせ(春夏秋冬で一年(ひととせ)たつから)
東西南北 ⇒ よもひろ(四方に広い)
熊埜御堂 ⇒ くまのみどう
御菩薩池 ⇒ みぞうけ
道祖瀬戸 ⇒ さやんせと
今来留守 ⇒ いまくるす
勘解由小路 ⇒ かでのこうじ☆最も長い苗字。全国で10名ほどいる。

日本一長い名前は?

珍しい名前を調べていたら、関連して長い名前についても
出てきました。

日本で最も長い苗字(文字数)は、前出の
勘解由小路(かでのこうじ)と、
左衛門三郎(さえもんさぶろう)が
実在する苗字では最も長いとされています。

他には、次五右衛門(じごえもん)や
八月一日宮(ほづみや・ほづのみや)、
正親町三条(おおぎまちさんじょう)
十二月三十一日(ひづめ)
十二月朔日(しわすだ)
などもあったようですが、「実在する」
というところで、先の2つになるようです。

姓・名合わせると

知恵袋などの答えによく登場する

藤本 太郎喜左衛門将時能さん
(ふじもと たろうきざえもんのしょうときよし)
燕 東海林太郎兵衛宗清さん
(つばくら しょうじたろべえむねきよ)

が有名です。
他に、

野田 江川富士一二三四五左衛門助太郎さん
(のだ えがわふじひみしござえもんのすけたろう)
沢井 麻呂女鬼久壽老八重千代子さん :大阪府
(さわい まろめくすろやえちよこ)
古屋敷 後部屋新九郎左衛門介之亟さん:山口県
(ふるやしき こうぶやしんきろうざえもんのすけのきょく)
一二三 四五六七八九十郎さん:石川県
(ひふみ しごろくしちはちくじゅうろう)
渡辺 七五三吉五郎次郎三郎衛門さん:福島県
(わたなべ しちごさんきちごろうじろうさんろうえもん)
根本 寝坊之助食左衛門さん
(のもと ねぼうのすけくいざえもん)
平平 平平臍下珍内春寒衛門さん
(ひらたいら へいべいへそしたちんないしゅんかんえもん)

…と、はたして親が付けた名前なのだろうか?
と思ってしまうものまででてきました。

特に1870年代には一般庶民が苗字を名乗ることを
許され、後に法令で苗字を持たなければならなくなると、
新しい苗字が続出したそうです。

 

いかがでしたか?

珍しい苗字に憧れたこともありましたが、
読むのが難しいのも大変ですね。

他にも「こんな珍しい名前があるよ」と
いうものがあれば、追記いたしますので
是非お知らせ下さい。