tomato完熟トマトを沢山頂いたので自家製トマトソースを作ったら簡単なのに大層美味しくできたのでご紹介します♪

 

 

スポンサードリンク

 

数日前に、真っ赤に熟れたトマトを
大量に頂きました。

20160823tomato_7803

この箱一杯に入っていて、美味しくて
うまいうまいとそのまま食べていたのですが、
ふと、
この美味しいトマトでトマトソースを作ったら、
きっと物凄く美味しいだろうと思い、実際に
作ってみた所、とても簡単で、予想以上に
美味しかったので、残りのトマトもソースに
することにしました。
(何回美味しいと言えば気が済むの?
というくらい美味しいを連呼してしまいました^^;)

材料や分量は基本適当(適宜というと
聞こえが良いかしら?)で、味付けなどは
お好みでアレンジして頂ければと思います。

【今回使った物】
●完熟トマト 7個
●玉ねぎ  中1個
●にんにくみじん切り 好みで
●塩・胡椒・クレイジーソルトなど 好みで
●ローリエ あれば
●油(オリーブオイル) 適量

手順は、

【トマトソースの作り方】
●トマトを洗って湯剥きする
●圧力鍋でニンニクと玉ねぎを炒める
●↑にトマトを入れて火にかける
●煮詰めて味を調える

と、至ってシンプルです。
それでは、行ってみましょう♪

20160823tomato_1832

まずはトマトを洗います。
今回7個になったのは、洗っている時に
ついつい1つ食べてしまったから^^;

20160823tomato_6367

鍋にお湯をわかします。
今回は、中華鍋状のテフロンの
フライパンを使いました。

20160823tomato_3132

お湯が沸いて沸騰したら、
トマトを入れます。

20160823tomato_2876

入れたら天地返しをして、
全体的にお湯に浸るようにします。
この間10~15秒ほど。

20160823tomato_6236

お湯から揚げたら氷水で冷やします。

20160823tomato_4010

表面に切り込みを入れて、皮をむけば…
気持ちいい位つるりと剥けて爽快です♪

半分に切って、へたを取ってから皮を
剥いた方が扱い易くおすすめです。

20160823tomato_7979

ストレスなく綺麗に皮を剥けました^^v

20160823tomato_2433

玉ねぎを刻みます。
圧力鍋使用ならばこんなかんじで
ざっくりでOK♪
圧力鍋不使用の場合はみじん切りにします。

20160823tomato_7165

圧力鍋(もしくは鍋)に油を入れ、
みじん切りのにんにくを入れて
弱火にかけます。

今回はサラダ油にしましたが、
オリーブオイルなんかがおすすめです。
にんにくは生がなかったので、塩にんにく
を使用しました。

20160823tomato_4581

香りが立って来たら、玉ねぎを入れて炒めます。

20160823tomato_198

玉ねぎに火が通ったら、トマトを投入♪

20160823tomato_8487

圧力鍋の場合は切らなくてもOK♪
木べらでつぶすようにすると水分が出て
焦げつく心配もありません。

20160823tomato_5753
通常の鍋の場合は角切り程度に
包丁を入れます。

20160823tomato_8902

圧力をかけます。
私は活力鍋なので、オモリが揺れたら
1分程度加圧しました。

20160823tomato_4180

煮あがりました♪
トマトから水分が沢山出ています。

ミネストローネでしたらこの状態で
もう使えます^^v

20160823tomato_7423

フライパンに移して煮詰めます。
鍋で煮詰めても良いのですが、
フライパンの方が表面積が多いので
私はフライパン派です。

20160823tomato_1845

庭の月桂樹(ローリエ)の葉を
乾燥させたものがあったので
入れてみました。

20160823tomato_5015

煮詰めます

20160823tomato_9767

ひたすらに煮詰めます。

20160823tomato_8068

好みの水分量まで煮詰めます。
今回はこの位まで煮詰めました。

ここでローリエを撤去し、塩胡椒や
クレイジーソルトなどで味を整えます。
コンソメを使うもよし、この段階で
味をつけないという選択肢もあります。
酸味が強い場合は、砂糖を少し加えます。
因みに私は隠し味で醤油をほんの少し
入れています。

粗熱が取れたら保存容器に移して出来上がり♪
(写真なし^^;)

冷蔵保存でなるべく早く使い切るか、
すぐに食べない場合は冷凍保存を
おすすめします。

氷トレイを使えば小さなトマトソース
キューブが出来るので使い勝手が
良いですよ^^v

完熟トマトを使うことで、青臭さがなく、
甘味と旨味が凝縮された濃厚な
味わいに仕上がります。

家庭菜園で豊作だったり、
見切り品を大量購入したり、
ご近所さんから沢山頂いた時などに、
是非作ってみて下さい^^