s_hinaningyou3月3日はひなまつり。
ひな人形はもう飾られましたか?
今回はひな人形の飾り方・並べ方をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

春が近付き、ひな祭りの時期ですね。

いざ、ひな人形を飾ろうと思ったら、
「…あれ?これは、どこに置くんだっけ?」
「お内裏様は、どっち側??」

など、ど忘れしてしまっていることって
多いと思います。

そりゃぁそうですよ。
一年に一度しか出し入れしないんですもの。

とはいえ、年に一度の女の子のお祭りです。

びしっと正しく美しく飾りましょう♪

それではひな人形のタイプ別にLet’s Go♪

親王飾り(1段・2段)

住宅事情などで最近主流になっている
コンパクトで場所を取らないタイプです。

画像は1段の親王飾りです。
別名 平飾りとも言われます。

s_shinnou1

屏風を背に両側にぼんぼり、向かって左側に橘
(左近の橘)、右側に桜(右近の桜)を配します。

二段の親王飾りです。
二段目に配したお道具が、より豪華に
お内裏様とお雛様を引き立てます。
s_nidan

ここで一番の悩みどころがお内裏様とお雛様、
つまり男雛と女雛の位置ではないでしょうか。

正解は…
どちらでもOKです。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 なにそれ?!

と思われるかもしれませんので、もう少し
詳しく解説させて頂きますね^^

伝統と国際儀礼で変わる親王の配置方法

もともとは、「天子南面」の言葉にのっとり、
偉い人は南に向いて座り、その時に日の出の
方角である東側、つまり左手側が上座とされ、
お内裏様(男雛)が左側でした。

(その理論で、右大臣と左大臣では左大臣の
方が位が上になります)

ですが時代の流れとともに、左よりも右の
方が優れているという風潮が高まりました。

「左遷」は優れるという意味とは反対ですし、
「右にならう」「右に出る者はいない」など、
右が上位であることを示す言葉も増えました。

そして、お内裏様を右に飾るようになった
決定的な出来事が、昭和天皇が即位された
時でした。

国際儀礼(プロトコール)では、右側が上位
であることから、昭和天皇即位の礼では、
天皇陛下が右側に、皇后様が左側に並ばれ
ました。

これをうけて、関東のひな人形業界では、それ
までは左側にしていたお内裏様を右側に配する
ように変更したのです。

スポンサードリンク

 

ではなぜ、お内裏様はどちら側に飾っても
良いのでしょうか?

それは、伝統を重視する京都を中心に関西では、
従来通りお内裏様を左、お雛様を右に飾るケース
が多いためです。

 関西では男雛を左に
 関東では男雛を右に

飾るケースが一般的と言われております。

関東に住んでいても伝統的な男雛を左に、
関西に住んでいても国際儀礼にのっとって
男雛を右に飾っても問題ないと思います。

折角の機会ですから、二通り配置してみて、
ご自身・ご家族でしっくり来る方を選ばれては
いかがでしょうか^^

綺麗に飾るちょっとしたコツ・ポイント

 左右バランス良く飾る
 中心を意識する
 人形の目線を若干中央よりにすると表情豊かな印象に…
 上段から飾る
 人形の顔に直接触れない
(汚れを防ぎ品質維持のため)

ひな人形は何を表している?

ひな人形って何を模したものなの?
そしてこれは何を意味しているの?

子供の頃から疑問でした。

ひな人形は、宮中の様子を再現しており、
その意味するところは「婚礼の儀」です。

天皇の住まいである内裏にお内裏さまと
おひな様、そこに仕える三人官女。

お囃子を演奏する五人囃子。
内裏警護の随臣、雑用係の仕丁。

たくさんの道具はおひな様の嫁入り道具
だったのですね。

それではいよいよ、飾り方です♪

七段飾り(十五人飾り)の飾り方

段飾りの場合は、段数で分類する場合と、
人形の数によって、十五人飾り、十人飾り、
五人飾り、と分類する場合があります。

因みに、二人飾りが親王飾りです。

七段飾り(十五人飾り)はいわばひな人形の
フルセット。

飾るのは、

 お内裏様とお雛様(親王)
 三人官女
 五人囃子
 随臣
 仕丁
 お道具

全体的な配置方法は下の画像の通りです。

飾る時は上の方から飾っていくと、誤って人形が
段から落ちてしまった時などに、飾った人形を
傷つけてしまったり、乱れてしまうリスクを回避
できます。

それでは、上段から順に細かい飾り方を
解説していきます。

nanadanmeisyou
画像引用:田中人形
京都の人形店のため、画像はお内裏様が左側になっています。

一段目:親王

お内裏様とお雛様の間に三宝を、
背後に屏風、左右にぼんぼりを飾ります。

二段目:三人官女

二段目は三人官女です。

三人官女とは、お内裏様とお雛様のお世話係
です。その名の通り、三人で構成されています。

三人官女にも定位置があります。
s_sanninkanjo

 眉毛あり口閉じ⇒長柄銚子を持たす⇒向かって右側
 座っている(眉毛なしお歯黒)⇒三宝または嶋台を持たす⇒中央
 眉毛あり口開き⇒加えの銚子を持たす⇒向かって左側

三人官女の間に高杯(たかつき)に供えた紅白鏡餅を
あしらいます。

因みに眉なしが既婚で、口を閉じている方が
良く働くという意味があるようです^^;

五人囃子

三段目は五人囃子です。

美少年の楽団とされる五人囃子。
若めの顔立ちであることが多いです。
s_goninbayashi4 (1)

配置方法は、向かって左から

 太鼓⇒大鼓(おおかわ)⇒小鼓(こかわ)⇒笛⇒謡(うたい)

の順番です。
謡手は扇子を持つ場合もあります。

覚え方は、
 「左から音が大きいもの順に」
です^^v

随臣(ずいしん)

四段目は随臣です。
右大臣と左大臣ですね。

見分け方と持たせる小道具は、
s_zuishin

 ひげあり(老人)⇒左大臣⇒背矢と持矢⇒向かって右側に配置
 ひげなし(若者)⇒右大臣⇒弓矢と太刀⇒向かって左側に配置

右大臣は家や人を守る役割の若者で、
左大臣は文武両道の老人です。

右大臣と左大臣の間にお膳・菱台を配します。

仕丁(じちょう)

ようやく五段目まできましたね。
あと一息です!

五段目は仕丁です。(衛士(えじ)ともいいます。)

仕丁は3人組で様々な雑用をこなします。
表情と持ち物で配置場所が決まっています。
s_jityou

 怒り顔⇒台傘またはほうきを持たす⇒向かって左側
 泣き顔⇒沓台またはちりとりを持たす⇒中央
 笑い顔⇒立傘または熊手を持たす⇒向かって右側

です。
持ち物は地域によって異なる場合があります。
台傘・沓台・立傘は出かける時の様子を、
ほうき・ちりとり・熊手は宮中掃除の様子を
表しています。

怒り顔は顔が赤いこともあります。

お道具

6段目まできましたよ…!

6・7段目はお道具です。
これまた細かいし種類は分かりづらいし…
心が折れそうになってしまいますが
ここまでくればあと少しです。

6段目に飾る道具は、向かって左側から、

 箪笥(たんす)⇒挟箱(はさみばこ)・長持⇒鏡台⇒針箱⇒火鉢⇒茶道具

です。
挟箱と長持はセットにして、長持ちの上に
挟箱を乗せ重ねます。

道具もひな人形により若干内容が異なり、
針箱以降が衣裳袋や茶道具の代わりに
行器(ほかい)になったりするようです。

ひな人形のお道具について
ひな人形用語集

dougu

7段目のお道具は

向かって左側から
 御駕籠(おかご)⇒重箱⇒御所車(ごしょぐるま)
です。

お疲れ様でした!!

五段飾り

基本の七段飾りをもとに飾ります。
各人形の飾り方・配置は七段飾りをご参照下さい。

五段・十五人飾り・お道具ありの場合

s_godanjuugo

 【一段目】
親王(お内裏様とお雛様)
屏風・ぼんぼり・三宝

 【二段目】
三人官女と高杯

 【三段目】
五人囃子

 【四段目】
随臣と仕丁

 【五段目】
お道具と橘・桜
(お道具は御駕籠・重箱・御所車の場合が多い)

※四段目に仕丁と橘・桜、五段目に随臣とお道具
s_teire_h50

※四段目に随臣とお道具(箪笥・挟箱・長持・鏡台・針箱・火鉢・茶道具)
五段目に仕丁とお道具(御駕籠・重箱・御所車)
s_godan huru
というパターンもあり。

五段・十五人飾りお道具なしの場合

 【一~三段目はお道具ありと同じ】

 【四段目】
随臣・お膳・菱台

 【五段目】
仕丁・橘・桜

五段・十人飾りの場合

随臣・仕丁なし、お道具全部のパターン

s_03

 【一段目】
親王
屏風・ぼんぼり・三宝

 【二段目】
三人官女・高杯

 【三段目】
五人囃子

 【四段目】
箪笥・挟箱・長持・鏡台・針箱・火鉢・茶道具

 【五段目】
橘・御駕籠・重箱・御所車・桜

十人・四段飾り?

十人飾りの飾り方を調べてみたところ、
四段(変形三段)というものも多く見受けられました。

s_yondanjuunin

その場合は、三段目までに人形を飾り、
四段目がお道具と橘・桜になります。

三段飾り(五人飾り)

三段飾りの場合は、親王と三人官女の
五人飾りが圧倒的に多いようです。

s_sandankazari

 【一段目】
親王
屏風・ぼんぼり・三宝

 【二段目】
三人官女・高杯

 【三段目】
お道具(御駕籠・重箱・御所車)

ひな人形のタイプにより、屏風やぼんぼりは
一段目に飾れない場合もあります。

その他、お道具なしで、三段目に随臣という
七人飾りもありました。ケース飾りに多いようです。

s_hina6

二段飾り(親王飾り・五人飾り)

親王飾り

 【一段目】
親王・屏風・ぼんぼり・三宝

 【二段目】
橘・お膳・菱台・桜

五人飾り
goninnidan

 【一段目】
親王・屏風・ぼんぼり・菱台・三宝

 【二段目】
三人官女・高杯・橘・桜

飾るスペースにより、屏風やぼんぼり
橘・桜・菱台(高杯)はバランスを
見ながら配置します。

ひな人形の飾り方を段別に調べましたが、
四段、六段のタイプを見つけてしまったり、
調べれば調べるほどに色々な配置が出て
来て(特に小物)、しまいには「何でもあり
ではないか?」と思ってしまうほどでした。

どうしても飾り方がわからない、しっくりこない
という場合には、メーカーに問い合わせて
みるのが良いと思います。

片付ける時・しまう時のポイント

片付ける時は、飾った時と逆の順番で
行います。

 できれば天気の良い日に
 湿気が少ない場所で保管
 ほこりを落としてからしまう(シミ・汚れ防止)
 防虫剤は人形専用のものを使用
 防虫剤を入れすぎない
 小物は人形別・段別に小袋などにまとめる
 来年忘れてしまいそうならば、飾り方のメモを入れておく

いかがでしたでしょうか。。

ひな人形って飾るのも保管するのも
意外と手がかかるんですね…。

飾る前から疲れてしまわず、是非ご家族皆様で
楽しく飾って頂きたいと思います^^

三人官女や随臣、仕丁の役割などを話して
あげるのも良いですね。