s_hurumisuto注射嫌いさんに朗報です。
鼻に噴霧するインフルエンザの新しい予防法のメリットやデメリット、適合者などについて調べました。

 

 

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種で
不活化ワクチンを皮下注射
するのではなく、生ワクチンを
鼻の粘膜に直接スプレーする
経鼻インフルエンザフルミストは、
「鼻ワクチン」とも呼ばれます。

注射に変わる予防接種法として
近年注目を集め、需要も広がり
つつあります。

鼻ワクチン、インフルエンザフルミストとは?

インフルエンザフルミスト(以下、フルミスト)
は、2008年にアメリカで承認され、続いて
2011年にはヨーロッパで承認されました。

ですが実はまだ日本では承認されておらず、
数年のうちには承認されるとの予想です。

フルミストと注射タイプでの大きな違いは、
注射タイプが不活化ワクチンなのに対し、

フルミストは生ワクチンです。
簡単に言えば、弱らせたインフルエンザ
ウイルスです。

生ワクチンは不活化ワクチンに比べて
早く効果が出て長く効くという利点が
あります。

furumist

また、フルミストの場合、鼻に生ワクチンを
噴霧するので、鼻の粘膜にも免疫ができ、
ウイルスの侵入防ぐ効果が高まります。

より詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

ただ、まだ国内未承認のため、「何か」
が起きた時に国の保障対象にはなりません。

現段階では、あくまで「自己責任で」
の接種となります。

フルミストと皮下注射との違いは?

それぞれの違いを項目別にまとめました。
鼻=フルミスト(生ワクチン)
注射=従来の不活化ワクチン

 【対象年齢】
鼻:2~49歳
注射:生後6ヶ月~

 【接種回数】
鼻:基本は1回
(インフルエンザにかかった事がない場合と、
9歳未満でインフルエンザワクチンを接種したことがない場合は2回)
注射:13歳未満は2回、それ以上は1~2回

 【成分】
鼻:4価(A型2株、B型2株)
注射:3価(A型2株、B型1株)

予想株と流行株が一致すれば注射の
効力の方が高く、外れればフルミスト
の方が高い効果があると言われます。

ただ、2~7歳ならばフルミストの効果は
80%と大変高く、また注射をしても毎年
インフルエンザにかかってしまう人にも
試してみる価値がある接種方法です。

 【効果】
鼻:1シーズン
注射:3~5ヶ月

 【料金】
鼻:1回5000~1000円
注射:1回3000~4000円

 フルミストのメリット・デメリット

これまでの内容から、鼻ワクチンの
メリットとデメリットをまとめました。

 【メリット】

 注射をしなくてよい(重要です)
 年齢によってはとても高い効果がある(2~7歳)
 1回で効果が早く出て長続きする(1シーズン)
 ウィルスの侵入自体を防げる(鼻の粘膜に免疫がつくため)
 ワクチンに含まれる株の種類が多く、安定した効果を期待できる

スポンサードリンク

 

 【デメリット】

 2013年10月現在、日本未承認であること(今後の承認に期待)
 未承認のため、補助や保障の対象外
 年齢により効果に差がある
 副作用の割合が高め
 お値段も高め

フルミストの気になる副作用は?

生ワクチン接種により、身体をインフルエンザに
擬似的に感染させて抗体を作るため、副作用の
内容が注射タイプとは異なります。

 40%は鼻炎の症状(鼻水・鼻づまり)を起こす
 咳や喉の痛み、発熱など軽い風邪症状を起こす
⇒これらは接種数日後から始まり、1週間ほど続く
事が多いようです。

 重篤な症状としては、ショック症状や
ギランバレー症候群を引き起こす事が
あります。

未承認でもしもの時の保障がないうちは
少しでも心配な事や気になる事があれば
事前に遠慮なく質問した方が良いと思います。

フルミストを接種できない人とは?

接種できない場合が結構あったので
ここでまとめておきます。

 【フルミストを接種出来ないケース】
 50歳以上
 小児喘息
 妊婦
 慢性鼻炎
 1年以内に喘息発作があった
 免疫力が低下している
 鼻かぜ
 心臓疾患
 肺疾患
 肝疾患
 神経疾患
 糖尿病
 重度の卵白アレルギー
 アスピリン内服中
 他の生ワクチンを接種して4週間以内

などがあります。

病院によってはもっと細かく定め
られている所もありますので、服薬中
や、既往歴がある場合は事前に医師に
相談することをおすすめします。

予防接種の是非を含め、ワクチンの種類や
接種方法、メリット・デメリットまでを考えると、
結論を出すのがなかなか難しいですね。

安いものではないですし、接種をしても
インフルエンザにかかる場合もある。。

しかし日常生活での対策だけでは心もとない。。

そもそもワクチンを体内に入れることに
抵抗がある。。。

副作用が。。。

注射は嫌。でも未承認は怖い。。。

仕事を絶対に休めない。

かかる可能性が高い環境にある。

予防接種は必須!

効果第一でフルミスト!

不活化ワクチンでも2回接種で効果を高める!!

などなど、様々な思いやスタンスが
あることと思います。

良い部分・心配な部分も含めて広い視野で
検討し、ご自身に一番あった予防方法を
とっていただくお手伝いができたらと思い
この記事を書きました。

長くなりましたが最後までお付き合い頂き
ありがとうございました^^