s_yuzu212月21日は冬至です。
冬至といえば、かぼちゃを食べて柚子湯に入る風習があります。前回のかぼちゃに引き続き、
今回は、柚子にスポットを当ててみました。

 

 

スポンサードリンク

冬至に柚子湯に入るのはなぜ?

お風呂に入ることは「禊ぎ」に通じると
言われております。

新年や大切な儀式に際して入浴する
習慣があるのもこのためです。

柚子は冬が旬で香りが強く、強い香りの
もとには邪気が起こらないという考えが
あります。

一陽来復で運を呼び込む前にまずは
自身の身を清めるという意味もあり、
冬至に柚子湯に入ります。

また、冬至に柚子湯に入ると一年中
風邪を引かないという言い伝えや、

冬至と湯池、柚子と融通の語呂合わせで
無病息災を願うという説もあります。

その他、柚子が実るまでに長い年月を
要するため、苦労が実りますように…
との願いも込められています。

身体にもいい!柚子は天然の入浴剤

柚子湯には身体に嬉しい効果が
いくつもあります。

s_yuzu

●血行を促進し、冷え性を緩和する
●身体を温め風邪を予防する(湯冷めしない)
●美肌効果(果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる)
●芳香によるリラックス効果
●精油成分(リモネン)による保湿効果

柚子湯の方法いろいろ

一般に、お湯の温度は39~40度くらいが
効果が高いと言われています。

方法としては、

●丸ごと入れる⇒香りを感じるには結構な数が必要です。
●切って入れる⇒切る事で香りも成分も出やすいものの、
果実や種がお湯にまざってしまうのが難点。。
●切って袋に入れる⇒洗濯ネットなどに入れます。ちょっと
雰囲気には欠けますが、お掃除は楽になります。
●切込みを入れて丸ごとお風呂へ⇒丸ごと入れるより
香りや成分が出やすくなります。
●皮のみ入れる⇒全ての成分は出ませんが、柚子を
見て楽しめ、お掃除も楽ですね。
●果汁を絞って入れる⇒視覚効果はあまりないかも。。
●熱湯で蒸らしてからお風呂へ⇒エキスが沢山出そうです。

などなど、ひとくちに柚子湯といっても、
家庭ごとの様々な方法があるかと思います。

因みに私が子供の頃は、皮だけ浮かべ、
果実はガーゼの袋に入れてお風呂の中で
ぎゅ~っと絞っていました。

赤ちゃんや肌が弱い人にはご注意

肌が弱い人の中には、柚子湯に入ると、
身体がひりひりして痛くなってしまう
事があるそうです。

スポンサードリンク

 

これは、柑橘類の皮には、油を落とす
成分が含まれており、(そういえば、オレンジ
天然成分含有の洗剤がありますね)

それが肌につくことで、炎症を起こして
やけどのような症状が出る事があるそうです。

お肌が弱い方や心配な方は、
柚子の量を加減したり、長湯をしすぎない
ようにするなど対処が必要です。

お風呂だけじゃ勿体無い!皮・果肉はもちろん種にも…

薬味としてのイメージが強い柚子ですが、
その成分は身体にいいことづくめです。

クエン酸・りんご酸・酒石酸などの有機酸類
には疲労回復肩こり胃腸を整える効果が、

種の周りのぬるぬるした所に含まれる
ペクチンには美肌効果消炎作用が、

香りの素になる製油成分であるリモネン・
ノミニン・シトラールには血行促進疲労回復

ビタミン類(C・P・A・D・)やフラボノイドには
抗酸化作用があり動脈硬化・心筋梗塞・
脳卒中など成人病の予防にもなり、

苦味成分のリモノイドには悪玉コレステロール抑制
発癌抑制効果・美肌効果もあります。

その他アミノ酸も豊富に含まれており、
是非毎日摂り入れたい食品のひとつです。

はちみつ漬けで柚子のいいところを丸ごと美味しく!

綺麗に洗った柚子の水気を拭き取り、
薄くスライスして蜂蜜に漬け込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時に種も一緒に漬けるのがポイントです。

そのまま食べたり、お菓子作りに使ったり、
水やソーダで割って飲むのもおすすめです。

のどがいがらっぽい時や、ちょっと風邪っぽいかな?
という時はお湯で薄めて飲むと身体も温まります。

今回は柚子にスポットを当てましたが、
柚子だけでなく、食材にはそれぞれ良い所が
たくさんあります。

旬の色々な食材をバランスよく摂取することが
健康への第一歩だと思います。

かぼちゃだけじゃない!!冬至に食べると良い物は?